dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年5月14日更新

≪3ヶ月以内向け≫結婚式段取りマニュアル

段取り (30) 挙式・披露宴 (125)

念願のカレからのプロポーズ!じっくり結婚式の準備をはじめたいけど、希望の日まであと3ヶ月しかない!時間がないけどどうしてもこの日に結婚式を行いたい...そんな場合でも大丈夫です。3ヶ月で要領よく結婚式の準備ができるよう、短期決戦用のスケジュールをご紹介いたします。お急ぎ婚をご希望の方はぜひご参考にしてください。

結婚式3ヶ月前

  • 結婚式の日取りと結婚式場決定
  • 招待するゲストのリストアップ、決定
  • ゲストに挨拶や余興を依頼
  • プランナーと初回の打ち合わせ
  • 招待状の作成
  • 衣裳選び
  • ブライダルエステの手配
  • 当日のヘアメイク・ネイルの手配
  • 手作りアイテムの作成
  • 結婚指輪の購入

まずは結婚式の日取りと会場を選びましょう。実は結婚式まで3ヶ月以内の場合結婚式の費用が安くなる場合もあります。ただ、当然人気の式場、人気の時期はうまってしまっている可能性は高いですので、希望日と希望の式場は複数候補をあげておきましょう。基本的に結婚式場との打ち合わせが本格的に始まるのは結婚式の3ヶ月前ほどからになりますので、まだまだ焦る必要はありません。周りと比べて準備開始が遅かったからといって妥協せず、理想に近い式場を選ぶようにしましょう。

また挙式の日取りや会場が決まったら招待するゲストをリストアップし、はやめに決定しておくようにしましょう。ゲストの都合もあり、急なお願いになりますので、受付や挨拶、余興などの依頼は事前に連絡をいれておくようにするとスムーズです。招待状は手作りすることも可能ですが、急ピッチですすめる必要がありますので、自分たちのスケジュールと調整しながら、提携業者に任せられるところは任せるようにしましょう。衣装選びや結婚指輪はこだわりたい方も多いと思いますので、はやめに準備しておきましょう。

結婚式まで2ヶ月

  • 招待状の発送
  • 衣裳、小物の決定
  • 当日の演出やプログラムを決める
  • 会場の装飾、ブーケを決める
  • 映像作品を依頼する
  • 料理、引き出物を決める
  • 二次会の詳細を決める

招待するゲストが決定したら、招待状は遅くても2ヵ月前には発送します。事前に電話などで出欠の確認をしておくのもOKです。また、当日に必要な具体的なものの決定を行っていくのもこの時期になります。演出やプログラムなど、スムーズに打ち合わせがすすめられるよう、ある程度のイメージは描いておくようにしましょう。自分たちで作るもの、業者にたのむものを明確に区別し、効率よくすすめていきましょう。二次会を行う場合ははやめにゲストに幹事をたのみ、段取りに齟齬がないように入念に打ち合わせするようにしてください。

結婚式1ヶ月前

  • ゲストの出欠確認、席順決め
  • 引き出物やペーパーアイテムの手配
  • ゲストの送迎車や宿泊などの手配
  • ヘアメイクリハーサル
  • 司会者との打ち合わせ
  • プランナーとの打ち合わせ
  • BGMを決める
  • 演出、進行の最終確認
  • 支払い

ゲストの出欠が確定した段階で、席順を決めたり引き出物やペーパーアイテムを発注しましょう。特にゲスト側に必要な準備を忘れないように注意し、送迎車や宿泊、着付けなどの手配も確認してください。すべてのプログラムが決まれば最終的な費用も確定します。せっかく準備が整っても支払いが滞らないよう、支払い時期や支払額などしっかりと確認してください。この時点で、結婚式に必要なことはほぼすべて決定しているようにしましょう。

1ヶ月前~直前

  • 手配したものの確認
  • 花嫁の手紙、新郎の謝辞を考える
  • 心付け、お車代の用意
  • 衣裳の最終フィッティング
  • シェービング、ネイルをする
  • 役割をお願いした人への最終確認

通常よりも駆け足ですすめてきた準備ですが、あとはトラブルなく当日を迎えるために最終確認をしっかりと行うだけです。花嫁の手紙や新郎の謝辞など、照れくさいものもありますが、忘れずに準備してくださいね。また、ゲストへの心付けやお車代も必要です。とくに招待してから日が短かった場合は、ゲストに不快な思いをさせないよう細かいところまでぬけている点がないか注意してください。
あとは当日に最高のコンディションでのぞめるよう、エステにいったりシェービングしたりして、自分磨きに努めましょう。

まとめ

3ヶ月前からの準備であっても、プランナーさんと協力してすすめていけば問題ありません。準備期間が短いからといって妥協せず、素敵な結婚式をつくりあげていきましょう。少しバタバタしてしまった分、当日はゆっくりと人生最高のひとときをおすごしくださいね!

関連記事

SNS

公式SNSをフォローしよう