dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年5月14日更新

六輝の中で結婚関連にベストなのは?

コラム (33)

六輝とは?

六輝、六曜とも呼ばれる日本の暦注です。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口とカレンダーに書いてありますが、この6種類が六輝と呼ばれるものです。

昔から「結婚式なら大安」「葬式は友引を避けて」などと言い伝えられていますね。始まりは足利時代に中国伝来の占いが元となってできたといわれており、当初は今でいう曜日のような感覚でした。江戸時代の終盤に吉凶の意味合いが濃くなり、現代では結婚式は大安といったような意味を持つようになりました。

近年は六輝を気にしないカップルも増えているようですが、まだ両親世代では大安吉日を気にされる方もいるようですね。新郎新婦・ご家族が気にされているようならば、六輝のベストな日取りについても考えて見ましょう。

六輝にはどんなものがあるの?

大安

「大いに安し」という意味を持つ大安は、六輝の中でも一番吉日!終日吉という日なので、結納や結婚式にはいい日取りだと言われています。

友引

大安の次に結婚式に向いていると言われますが、午前・夕方・夜は吉で昼は凶とされています。幸せをおすそ分けするという意味でも、披露宴の引出物の発送に指定することもあります。

先勝(せんしょう・さきがち)

「先んずれば即ち勝つ」という意味を持つ先勝は、読んで字のごとく、急ぐのが良い日です。午前は吉ですが午後は凶。先勝の日は午前中に結婚式を行うケースも多くなっています。ただ始まりが午前中がいいという意味なので、終わるのは午後でもOKです。

赤口(しゃっこう・しゃっく)

別名・赤舌日(しゃくぜつにち)とも呼ばれる日で、AM 11時〜PM1時の午の刻が吉という日です。赤舌神(しゃくぜつしん)という神様の部下である鬼が関わっていて、やることはだいたい凶だという日でもあります。

先負(せんぷ・さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」という意味を持ち、先勝の真逆でもある先負。この日はとにかく平静にしているのが良く、急用や勝ち負けは後日にした方がいいとされています。
先負の場合にはナイトウェディングでしっとりとした雰囲気がいいかもしれませんね。

仏滅

物滅とも呼ばれ、失う日とも言われます。六輝の中でも一番のバッドデイ。古来からお祝い事は避けるべしとされている日です。けれども一日中凶だという説もあれば、午後なら縁起良しという解釈もあり近年はリセットされる日という意味合いでポジティブに捉える傾向もあります。

他にベストな日取りってあるの?

特に結婚式関連で人気があるのは大安ですが、お祝い事やイベントにオススメの日取りもあります。

天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)

天がすべての罪を赦すという意味がある、トップレベルの吉日!何事も吉と出る日だとされています。そのため入籍や出生届提出、引越しなどにオススメです! 天赦日はシーズンと日の干支によって決まり、365日のうち5日前後ほどしかありません。世間一般では大安の方が有名ですし重要視されやすいのですが、婚姻届提出などでは人気があります。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

お金や商売や豆まきなどにベストな日である一粒万倍日。近頃は宝くじ売り場でこの文字を見かけることもあります。さらに別の吉日と重なれば、より吉が倍増するとも言われ、大安で一粒万倍日となれば最高に縁起の良い日となります。

まとめ

六輝を信じている人もいれば、そんなもの関係ないと考える人もいます。捉え方は人それぞれなのですが、年齢層が高くなると気にする方も増えますので、六輝を気にするかどうかも事前に両家で意見を交わした方がよいかと思います。六輝を気にせず記念日を重要視するカップルも増えていますし、仏滅割りを設けているホテルや式場も増えてます。最後の最後に大事なのは、やはり本人たちが気にするかしないか、ということだと思います。

SNS

公式SNSをフォローしよう