dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
結婚式場探しカップル応援キャンペーン 対象会場の見学・フェア予約で最大45,000円分の電子マネープレゼント!
クリップリスト ()
結納・顔合わせ

2018年5月14日更新

顔合わせではどんな手土産がいいの?ベストな品物選びや渡し方!

HOW TO (58) マナー (26)

両家揃って顔合わせ食事会をすることが決まれば、どんな手土産を持っていくべきかも気になりますよね。手土産は必ず必要なのか?という点についての一般的な解釈や、手土産としてベストな品物や価格、渡す際のポイントなどもご紹介していきますので、参考になれば幸いです。

手土産は必ず必要なの?

顔合わせ食事会は特に決まり事はありませんので、手土産に関しても各家庭それぞれです。両家で話し合って手土産なナシでいきましょう、というケースもあれば、お互いこれから関わっていくのだからと、手土産を持っていくケースもあります。

特に決まりがないと言えども、トラブルや今後の付き合いに差し障りのないように、事前に両家で打ち合わせしておくべきかと思います。
新婦側が持ってきていたのに新郎側は手ぶらだった・・・逆も然りですが、そんなことになれば両家ともに気まずい雰囲気になりかねません。

新郎新婦が両家を取り持つ形で、手土産についても話し合ってどのようにするか決めておくことをオススメします。
ただし、どちらかの実家で顔合わせ食事会をする場合には、訪問する側は手土産を持っていくのが礼儀だと言えます。家に招く側は用意していなくても問題はありません。

手土産は情報収集も大事!

手土産を持っていくのであれば、まずは相手家族のことについて情報収集しておきましょう。例えば、相手家族に食物アレルギーはないか、嫌いなものはないかといったような情報は大切です。せっかく用意するのですから、相手に喜んで欲しいのが当然です。相手家族が嫌がるもの、嫌いなものを選んでは意味がありません。また家族の人数もチェックしておきましょう。

6人家族なのにお菓子が5つしかないなんてことになれば、それも気まずい雰囲気の原因になります。また病気や持病で塩分や糖分に配慮が必要なケースもあると思います。
相手家族の好き嫌いや人数、アレルギーや持病なども情報を得てから、ベストな手土産を選びましょう。

手土産としてオススメなのは?

手土産を選ぶ際には相手家族の好みなど情報収集をして、さらに縁起の良さというのも考慮するといいでしょう。一番無難なのは、住んでいる地域の名産品である菓子折りやお茶、特産品といったものですね。縁起のいい手土産として定番になっているのは、和菓子では最中、洋菓子ではバウムクーヘンです。ただ日持ちが悪いものは不便ですので避けたほうがいいでしょう。

手土産としてNGなものはこれ!

手土産の中でもNGなものがあります。例えばナマモノは日持ちや手間から考えても不便ですし不向きです。持ち帰る際に大荷物になったり重すぎるものも避けるべきです。
縁起の悪いとされているのは、和菓子ではお煎餅や羊羹。洋菓子ではカステラといったように、割れたり切り分けられるものです。けれども老舗菓子店の個別包装されているものは手土産として選ばれることもあるようなので、相手家族が好むようであれば、手土産として問題ないでしょう。

手土産の価格はどれくらい?

手土産の価格や格というのも、後々のトラブルやいざこざに繋がる可能性があります。手土産一つでも、両家で金額や程度を申し合わせておく方がいいでしょう。例えばあちらは1万円もする品を用意していて、こちらは3000円ほどとなると、気まずいですし申し訳なくなります。手土産で1万円を超えるような高価なものだと逆に気を使いますので、基本的に1万円以内のものを選んでおくのがいいでしょう。

≪渡す際のポイント≫「のし」は付けるべき?

お祝い事において手土産やお祝い金を渡す際、熨斗(のし)や水引(みずひき)をつけた方が礼節として正しいとされていますね。結婚式でご祝儀袋を用意するとなると、きらびやかな飾りがついていますし、それが一般的です。けれども顔合わせの段階であれば、のしが付いていると肩苦しくなりすぎる為につけない、という傾向にあるようです。ただし地域や各家庭での決まり事もあるでしょうから、両家でその辺りも確認しておくべきです。

≪のしを付けるならば≫

水引といっても色々と結び方があります。有名なのは蝶結びと結び切りでしょう。

・蝶結び…何度あっても喜ばしいお祝い事という意味がある
・結び切り…人生において一度きりのお祝い事という意味がある

出産などは蝶結びがベストですが、結婚などは人生で一度きりなのが良いということで、結び切りがベストです。ただし地域の風習や家系の決まりで蝶結びを選ぶところもあるようですから、事前にご両親に聞いておきましょう。手土産を買うとなれば、お店でのしや水引を用意してくれるところがほとんどですので、お店で付けてもらうのが無難です。

風呂敷包は必要?

お店で入れてもらった紙袋そのままで手土産を渡すのが今や一般的ですが、風呂敷で丁寧に包んでいくという方法もあります。顔合わせでも格式高く厳かにという場合には、風呂敷で包んでいくのがベストでしょう。そこまですると堅すぎると考えるならば紙袋でも良いでしょうが、やはりこの点でも両家で確認してくのが良いです。

≪どのタイミングで渡すべき?≫

顔合わせの食事会当日を迎えて、気になるのが手土産を渡すタイミングだと思います。このタイミングも、場所が実家なのかお店なのかによって変わってきます。

会場がお店だという場合

料亭やレストランといった出先で顔合わせを行うならば、最適なのは双方の家族紹介が終わったタイミングでしょう。家族紹介の前だと、誰に渡して良いのかわからないこともあるかもしれませんし、流れ的にもスムーズにいきやすいタイミングです。入店前に渡してしまうのはNG!話が大いに盛り上がっているならば、早く渡さなければと焦らないようにしましょう。

実家で顔合わせをする場合

どちらかの実家で顔合わせをする場合であっても、玄関でいきなり渡してしまうのはNGです。食事会をする部屋に通されて、双方家族の挨拶が済んでからというのがベストです。ただ生ものを選んだ場合には、冷蔵庫に入れていただけますかと一言添えて早めにお渡ししましょう。

≪渡すときの作法は?≫

  1. 1

    風呂敷や紙袋から取り出して、正面がこちらに向いているように持つ。
  2. 2

    汚れなどがないか目視で確認し、正面が相手側になるよう回して、一言添えてお渡しする。
  3. 3

    相手が手土産を手にしたタイミングで「もしよろしければお使いください」と一言添えて、紙袋も渡す。

手土産をお渡しする際の作法として、風呂敷や紙袋から取り出して渡すのが正しい作法となります。
風呂敷や紙袋というのは汚れや埃がつかないようにというものなので、袋に入ったまま手渡すのはマナーとしてはNGです。

持ち帰りやすいように紙袋も差し出すのが親切ですし正しい作法となります。手土産を渡す際には、つまらないものという表現は避け、
・心ばかりですが
・お好きだとお伺いしましたので
といった一言も添えましょう。

まとめ

手土産では心のこもったものが何より重要です。両家での顔合わせが楽しく嬉しいものとなるように、手土産も両家の格やバランス、喜ぶものを考慮して選びましょう。

SNS

公式SNSをフォローしよう