dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
結婚式場探しカップル応援キャンペーン 対象会場の見学・フェア予約で最大45,000円分の電子マネープレゼント!
クリップリスト ()
コラム

2019年1月20日更新

結婚を機に転職!タイミングと仕事選びのコツとは?

コラム (33)

人生の大きな節目である結婚。その結婚を機に、転職を考えている女性もいるのではないでしょうか。でも、転職のタイミングや企業選びなど、悩むこともたくさんありますよね。この記事では、結婚を機に転職する場合のタイミングや、転職のコツについてご紹介していきます。

結婚を機に転職を考える女性は少なくない!その理由は?

結婚という節目の前後に転職を考える女性は、実は少なくありません。しかしその理由はさまざまです。実際、どのような理由で転職を考えるのかを見ていきましょう。

結婚を機に転職をする理由とは?

  • 出産に備えて

出産を考えている女性にとって、出産後のことも考えると、激務の仕事はあまり相性が良くありません。出産はもちろん、結婚生活を営む上で家族との時間を確保したいと考え、結婚のタイミングで転職を検討する女性もいるようです。

  • 理想の職業を求めて

今の会社は望んで入ったけれど、入ってみたら理想と違った…ということはよくある話です。しかし、結婚を機に今後の人生を見つめ直した時、「この機会に本当にやりたかった仕事・理想の企業に挑戦してみよう」と決意を新たにするパターンです。

  • 同居のため引っ越したから

結婚に伴う同居で通勤圏外に引っ越した場合も、転職を考えるきっかけとなります。結婚生活や未来の子育てのことを考えると、毎日長い通勤に耐えるのは現実的ではありませんよね。相手が転勤の多い職業である場合も、転職に強い職業を探すきっかけとなります。

転職するなら結婚の前?後?それぞれのメリットとは

結婚を機に転職を考える理由はさまざまありますが、結婚の前に転職するのか、後に転職するのかも重要な問題です。それぞれのメリットを具体的に見ていきましょう。

結婚前に転職するメリット

  • 採用されやすい

結婚前に転職活動を行う場合、比較的採用されやすい傾向があるようです。結婚後だと、女性はすぐ産休に入ることもあるため、独身の方が長く働いてくれそうという印象を受けるためです。しかし、出産を特に考えていない場合やしばらく考えていない場合は、結婚後でも採用に対する影響はあまりないといえるでしょう。

  • 結婚後の仕事と家庭の両立がスムーズ

結婚前に転職しておけば、結婚する時点ではある程度仕事に慣れておくことができます。結婚してしばらくは、慣れない同居や家事の分担など、家庭生活でもストレスがたまるものです。仕事だけでも事前に慣れておけば、家庭との両立がスムーズに進むといえるでしょう。

  • 産休・育休に入りやすい

結婚前から新しい職場で働いていれば、出産までの期間も比較的長くなり、産休も申請しやすくなります。結婚後にすぐ妊娠して、産休を申請するのはなかなか勇気が要りますよね。実際、企業によっては入社後の一年間は育休を申請できないところもあります。産休は取れても、育休が取れないと子育てはかなり難しいですよね。産休・育休に入りやすいのは、結婚前に転職する大きなメリットです。

結婚後に転職するメリット

  • 結婚準備が終わり、落ち着いて転職活動できる

結婚前に転職活動すると、結婚準備と並行することになり、かなり大変です。その点、結婚後に転職活動を始めれば、落ち着いて時間をかけて転職先を探すことができます。転職先に悩んでいる方や、じっくり考えて決めたいという方におすすめです。

  • 実際の生活サイクルに合った仕事が探せる

結婚後の生活を経験しながら職を探せるので、実際の生活サイクルに適した仕事を探すことができます。結婚前に選んだ仕事が生活サイクルに合わず、こんなつもりじゃなかった!と途方に暮れる心配もありません。

  • 改姓など結婚にまつわる手続きがなくて楽

結婚すると、会社でも苗字の変更の他、さまざまな手続きが必要になります。結婚した後に転職すれば、そもそも変更手続きが不要となり、かなりの手間が省けます。

結婚を見据えた転職で大事なこと

結婚を機に転職する場合、転職にはいくつかのコツがあります。どういったコツがあるのか、具体的に見ていきましょう。

出産を視野にいれた働き方を選ぶ

勤務時間や残業の有無、家からの距離など、出産を希望している方は出産後のことも見越した勤務体系の企業を選ぶとよいでしょう。特に社員の既婚率が高い会社は、結婚後も働き続ける社員が多いという点で、自分も働きやすい可能性が高いといえます。また、社員の出産・育児を応援する企業もあるため、会社の体制がどういったものかも確認しておきましょう。

面接では長く働く意思を伝える

結婚が決まっていると、面接では「出産のご予定はありますか?」「いつ頃の予定ですか?」といった質問を投げかけられる場合もあります。そういった場合は正直に予定を答え、「出産後も会社に復帰し、長く働きたい」という旨をアピールしましょう。直接質問されなくても内心「長く働いてくれるだろうか…」と不安を持たれている場合もあるので、長く働きたい気持ちは積極的に伝えていくと、採用にプラスに働くかもしれません。

転職しやすい資格を取っておく

転職しやすい資格を取っておくのも、復職には有利です。ただし、勤務体系が出産後の生活スタイルとは合わない場合もあります。そんな時は、webデザイナーやライターなど、在宅でできる仕事を探すのもひとつの手です。

転職は結婚前がおすすめ。職種はよく考えて

出産を考えている方であれば、転職は結婚前にすませておくことをおすすめします。しかし、慌てて転職して合わない仕事に就いてしまった…ということにならないよう、職種や企業は良く検討しましょう。転職はその後の人生に関わる大事なライフイベントです。結婚後の人生設計を一度見直して、自分に最適な転職ができるよう、慎重に進めていきましょう。

SNS

公式SNSをフォローしよう