dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
結婚式場探しカップル応援キャンペーン 対象会場の見学・フェア予約で最大45,000円分の電子マネープレゼント!
クリップリスト ()
ゲスト

2018年11月15日更新

結婚式招待状の返信マナー!基本編~アレンジ編まとめ

ゲスト (11) マナー (26)

結婚式の招待状をいただいて、気持ちはわくわくするものの、返信ハガキにいざ記入しようとすると「なにで書けばいいのか」「どうやって書くのか」など、心配になることも。この記事では、相手に気持ちよく受け取ってもらえる結婚式招待状の返信ハガキの書き方やマナーについてご紹介します。

招待状の返信に関する基本マナー

宛名の「行」→「様」へ

これは結婚式以外でも共通のマナーです。宛て名に書かれている「行」は「様」へと書き直します。

1週間以内の返信を心がける

結婚式の招待状には、たいていの場合返信期限が記載されています。その期限を守るのも相手への礼節ですし、返信は早ければ早いほうがいいとされています。新郎新婦は招待客の人数をまとめて席次や引出物の数をチェックしなければなりません。早めの返信というのは社会人としての最低限のマナーでもあります。

予定が立たない場合には電話で一報

出張などの関係でギリギリにならなければ予定が判明しないという方もいらっしゃるかと思います。仕事ならば仕方ないと新郎新婦も受け止めるはずですから、返信期限内で返信できそうにない場合には、電話で一報を入れましょう。勝手に返信を遅らせる、返信しないことが欠席だと伝わるだろうというような考えは失礼に当たります。

返信の際は毛筆や万年筆がベストです

ご祝儀袋には毛筆や万年筆で書きますから、結婚式の招待状返信も毛筆や万年筆がベストです。ボールペンは絶対NGという訳ではないものの、祝い事に向いていないグレーは使わず、黒のみで書くのが好ましいとされています。文字を消す二重線は、面倒臭がらずに定規を使って引きましょう。

≪返信のコツ≫「、」「。」といった句読点は不要

お祝い事では「、」や「。」を打つのは終止符を打つという意味にもなってしまいますので、結婚式場の返信等には句読点は不要です。返信ハガキにコメントを入れる際も、句読点は無しで書き込みましょう。

返信ハガキの書き方のコツ〜出席編〜

「御」や「芳」といった字は消す

「御出席・御欠席・御芳名・御住所」など頭に「御」がついていますが、返信する際には二重線で消すようにしましょう。出席する場合は、御欠席を二重線で消し、なおかつ御出席をまるで囲んで「御」の字を二重線で消します。御芳名の字は、芳名まで消します。自分の住所や氏名も書くのを忘れずに!出席の前後に一言、「喜んで」や「させていただきます」といったコメントも書き込むと、さらに丁寧な返信になります。

≪上級ポイント≫二重線ではなく「寿」で消す

二重線を引いて「御」や「芳」といった字を消すのが基本的なマナーですがちょっと上級編では「寿」の字で消すという返信方法もあります。お祝いの気持ちがより伝わりやすい、見た目にも素敵な返信方法ですよ!

連名での招待であれば、返信には人数分の名前を記入する

氏名の欄には、招待してもらった人数分の氏名を書き込みます。お子様連れでの出席は、事前に新郎新婦に相談する必要があります。お子様連れが可能となれば、お子さんの名前も記入しましょう。お子さんがある程度大きい場合には、お子さん用の席や料理の準備も必要ですので、その辺りも新郎新婦と話し合ったり返信に忘れず書き込みましょう。

お祝いメッセージは長すぎず

出席であっても欠席であっても、お祝いメッセージがあると喜ばれます。長くなりすぎないようにシンプルな言葉にしましょう。

≪例文≫一般的なお祝いメッセージ

ご結婚おめでとうございます
喜んで出席させて頂きます

≪例文≫親しい友人へのお祝いメッセージならば・・・

ご結婚おめでとうございます
ウェディングドレス姿を見るのが楽しみです

≪例文≫上司や先輩へのお祝いメッセージならば・・・

お招きいただきありがとうございます
おふたりの晴れの門出に立ち合わせていただくことをとてもうれしく思っております
喜んで出席させていただきます

≪例文≫連名でのお祝いメッセージならば・・・

この度は誠におめでとうございます
夫婦揃って出席させて頂きます
当日を楽しみにしております

返信ハガキの書き方のコツ〜欠席編〜

1週間ほど時間をとって返信する

結婚式の日が既に仕事の予定が入っているなど、欠席しなければならない場合、すぐに欠席と返信するのも失礼にあたる可能性も出てきます。ハナから出席する気がないのだな、と思われないためにも招待状を受け取ってから1週間ぐらい時間をとって、返信ハガキを出すことも些細なマナーですが大事です。しかし返信が遅くなりすぎるとこれまたマナー違反になります!期限を超えないように、けれども早すぎないタイミングで返信しましょう。

連名招待で1人欠席という場合には・・・

出席に丸をし、出席する人の名前だけを書きます。新郎新婦にわかるように、欠席する人の名前と理由をメッセージに書き込みましょう。

欠席理由は言葉を選びましょう

欠席だからといって必ず欠席の理由を明記しなければならない、という訳ではありません。例えば出産間近だとか出張といった場合には理由を明記してもOKですが、弔事や忌中といった予定が重なっている、病気で出席が難しいならば明記せず言葉を濁すのが日本では基本的なマナーです。

≪例文≫出産間近のための欠席ならば・・・

ご結婚おめでとうございます
出産予定日が近いため、大変残念ながら欠席をさせて頂きます
おふたりの末永い幸せを心よりお祈りしております

≪例文≫病気や弔事といった理由で欠席ならば・・・

ご結婚おめでとうございます
せっかくお招きをいただきましたが
どうしても都合がつかず残念ながら出席することができません
末永い幸せをお祈り申し上げます

マナーを守って気持ち良く当日を迎えましょう

新郎新婦からの嬉しい招待状には、大人としてマナーを守って返信し、お互いに気持ちよく当日を迎えられるようにしましょうね!

SNS

公式SNSをフォローしよう