dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年11月11日更新

結婚指輪と婚約指輪の違いとは?いまどきの婚約指輪の相場はいくらなの?

婚約指輪・結婚指輪 (14) マネー (20)

結婚の象徴である指輪をどうするか...特別な指輪を購入する場合、いくらぐらいの指輪を選べばいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。買い換えたりするものではないので、悩めば悩むほど決断は難しいですよね。人の意見に左右されるつもりはないけれど、みんなの平均予算は気になるところです。世間ではいったいどれくらいの金額で婚約指輪や結婚指輪が購入されているのでしょうか。

結婚指輪と婚約指輪それぞれの意味とは?

知っているようで意外に知らない、結婚指輪と婚約指輪の違いや始まりなどをまずは確認しておきましょう。

なぜ婚約指輪を贈ることが当たり前になったのか

なんとなく漠然と、プロポーズ=指輪と思っている方も多いと思いますが、男性から指輪を贈るのにはちゃんと意味があります。婚約指輪を贈るようになったのは、古代エジプトで使用されていた象形文字からきているといわれています。

古代エジプトで使用されていた象形文字では「結婚」は「永遠に途切れぬもの」を意味する円で表現されています。指輪にこの円があらわす想いを重ねて婚約の印に鉄の指輪を贈ったという、古代ギリシャ・ローマにおける誓いの儀式が由来だともいわれています。

まだまだある、婚約指輪の始まりのエピソード

また、左手の薬指は心臓に繋がっていることから、愛の静脈があり、愛の力が流れていると信じられていた、という説もあります。愛の静脈だなんて、素敵な表現ですね! 日本では結納の際の品でもあります。「婚約から結婚までの間にもしも僕に何かあっても、愛するあなたがしばらくの間生活ができるように」と高価な指輪を贈るんだとか・・・さまざまな説がありますね。

婚約指輪の相場と年代別の平均購入額

最も気になる婚約指輪の相場と実際に購入した方々を対象に調査した結果をもとに、年代別の購入額を見てみましょう。(2018年開催 ウエコレ コンセプトウェディングイベント ジュエリー試着コーナー調べ)

婚約指輪の購入目安は40万円

「婚約指輪は給料の3カ月分」といわれていたことをご存知ですか? この言葉を聞いて気が重くなった男性も多かったに違いありません。販売する側、もらう側にはそれほどではなくても、贈る側にとってはどれほどのプレッシャーとなっていたことか…年齢にもよりますが、今では約40万円が目安となっています。お店には10万円以内のものから何千万のものまで、いろんな指輪が並んでいます。それに、一緒に買いに行った彼女に「絶対にこれが欲しい!」なんていわれてしまったら...ちょっとぐらい無理をしてでも買ってしまいますよね? 一生に一度のお買い物とはいえ、無理はしすぎないよう、新しい生活の資金も考えながら選ぶようにしましょう。

年代別婚約指輪の購入価格

同世代の人たちが実際にどれくらいの予算で婚約指輪を見てきましょう。

  • 20代…20万円~30万円台

もっとも多い購入価格は、25万円から30万円でした。次に多かったのが20~25万円で、続いて35~40万円で購入している先輩カップルも。

  • 30代…25万円~40万円台

予算よりも質重視で、純度の高いプラチナやダイヤモンドのカットなど、素材やクオリティにこだわって婚約指輪を購入されている印象が強い傾向に。

  • 40代…35万円~50万円台

経済的に余裕がもてる40代は、価値観もしっかりされていることから、購入する婚約指輪も金額も高くなっています。中には70万円の婚約指輪を贈ってもらったという女性も。

結婚指輪の相場と年代別の平均購入額

つねに身に着ける結婚指輪は、おふたりで下見や試着を重ねて探したいもの。婚約指輪と同様に、結婚指輪の相場と実際に購入した方々の声をもとに、年代別の購入額を見てみましょう。(2018年開催 ウエコレ コンセプトウェディングイベント ジュエリー試着コーナー調べ)

結婚指輪の購入相場はペアで20~25万円

結婚指輪の平均購入額は、男性が10万円、女性が15万円が目安になっています。男性よりも女性のほうが高いのは、指輪にメレダイヤがちりばめられていたり、ワンポイントにダイヤモンドを添えたりと、装飾がプラスされるため。ダイヤモンドなどの宝石をいれないデザインや素材を重視した場合は、指輪の幅や厚みによって男性の価格のほうが高くなることもあります。

年代別結婚指輪の購入価格

婚約指輪と違い、現実的な金額で予算を組んで選ばれる傾向の強い結婚指輪。デザインバリエーションも豊富なので、予算内でも満足のいくものを探せているようです。

  • 20代…10万円~20万円台

予算重視のカップルの中には、プラチナではない素材が選ばれることも。また、幅の細いデザインも人気で、扱う素材の量が少なくなる分、料金もリーズナブルに。

  • 30代…15万円~30万円台

30代カップルが一番重視するのは、素材。プラチナの純度などにこだわり、飽きのこないデザインを選ぶ傾向に。

  • 40代…20万円~35万円台

デザインは比較的シンプルでありながら、ダイヤモンドやメレダイヤなどの宝石の入ったものを選ばれるカップルが最も多く、次いで耐久性を重視して幅の太さや素材にこだわるカップルが多かった。

指輪のタイプ

指輪のデザインにはいくつかのタイプがあります。特に婚約指輪は、ダイヤモンドなどの宝石の留め方によって雰囲気が異なってきます。

人気のデザイン①…ソリティア

婚約指輪の定番のデザインがこれ。誰もが容易に想像できる、石を1粒だけセットしたリングです。とりわけ、1粒ダイヤを立て爪で留めたタイプは今でも根強い人気があります。シンプルながらも、実はデザイン豊富で、ブランドなどによって1つ1つの印象は大きく違います。石の存在感が特に際立つため、ダイヤモンドにこだわる人もいます。”婚約指輪”のイメージが一番強いデザインです。

人気のデザイン②…メレ

メインの石の脇にメレダイヤ(0.03カラット以下の小粒ダイヤ)を添えたデザインです。横にある小さな石がメインの石をひきたて華やかな印象になるため、女性からは高い人気です。メレダイヤの数や形で指輪のイメージが変わるので、セミオーダーで自分だけのオリジナルをつくれるというのも人気の理由の1つです。限定モノに弱いのが女性です

人気のデザイン…パヴェ

フランス語で「敷石」という意味で、文字通りメレダイヤを敷き詰めた、大変豪華なデザインです。真ん中にメインの大きなダイヤをセットしたものが婚約指輪として人気ですが、メレダイヤだけを隙間なく並べたものも上品に見えて、大人の女性には人気があります。大好きな人の好みを考えながら選ぶのもいいですね。

ふたりが満足のいく指輪を選ぼう!

最近では、指輪にはこだわらないという女性も増えてきています。仕事上指輪ができなかったり体質的に指輪ができなかったりして、記念にブレスレットや時計を贈り合うというカップルも増えてきているようです。形式にこだわらず、彼女を想って一番素敵と思える物を贈るようにしましょう!

SNS

公式SNSをフォローしよう