dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
結婚式場探しカップル応援キャンペーン 対象会場の見学・フェア予約で最大45,000円分の電子マネープレゼント!
クリップリスト ()
コラム

2018年11月4日更新

「この人と結婚したい!」男女別・結婚の決め手とは?

コラム (33) トレンド (37)

結婚は人生を左右する一大事。素敵なパートナーがいたとしても、結婚に踏み切る時には勇気が要りますよね。「結婚したいけど彼・彼女はどう思っているんだろう」「結婚を迷っているけど、皆はどうやって決めたのかな」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。この記事では男女別の結婚の決め手や、逆に結婚を諦めた決め手について、ご紹介していきます。

結婚の決め手となるのは「価値観」「落ち着く」「家族との相性」

結婚に踏み切る時の決め手としては、どのようなものがあるのでしょうか。まずは男女に共通する代表的な決め手について見ていきましょう。

価値観が合う

好きでもあまりに価値観が違うと、ケンカが増えるなどの問題が起こりやすくなってしまいます。笑いのツボや怒るポイント、金銭感覚など、さまざまな価値観が合う方が毎日一緒に生活しやすいですよね。

一緒にいて落ち着く

毎日一緒にいる夫婦だからこそ、一緒にいて楽だったり、安らげたりする相手がいいですよね。好きでもなんとなく落ち着かないなど、緊張する相手だと日々の積み重ねで疲れてしまうかもしれません。

相手の家族が優しい

結婚すると、家同士の関係が生まれます。相手の家族が自分を好意的に受け止めてくれる人たちであれば、その後のお付き合いも安心できますよね。

女性が思う結婚の決め手

では、特に女性が結婚の決め手とするポイントはどういったものでしょうか。以下で見ていきましょう。

優しい

日々を共に過ごすパートナーには、優しい男性が人気です。自分のことを大切にしてくれる、家事・育児をしっかり分担してくれるなど、生活を共にしていくうえでは思いやりの深さも決め手のひとつです。

経済力がある

共働きの世帯も増えてきていますが、女性が出産・子育て中に働くのは難しいのが現実です。高収入かどうかというより、平均的な生活を送れるだけの収入があるかどうかが大事なポイントです。安定した家庭を築くためにも、パートナーの経済力はひとつの決め手になるようです。

年齢

特に出産というライフイベントがある女性は、年齢も大きな決め手となります。「欲しい子どもの人数と妊娠期間から逆算すると、○歳までに結婚しておきたい!」という基準を持っている女性は多くいるようです。

見た目が好みである

相手の見た目が好みだと、それだけで顔を合わせるのが楽しくなったり、「尽くしたい」と思えたりする女性もいます。また多少のケンカなら「顔がタイプだから許せる」という人も。毎日見る顔だからこそ大事にしたいという意見も、根強いところです。

男性が思う結婚の決め手

では、特に男性が結婚の決め手とするポイントはどういったものでしょうか。以下で見ていきましょう。

見た目が好みである

女性よりも視覚情報を大事にする男性は、比較的見た目のタイプも重視することも。女性同様、価値観の違いを許せてしまったり、夫婦生活が円滑に進んだりというメリットがあります。

干渉しすぎない

仕事に理解を示してくれる、趣味を認めてくれるなど、男性の行動に干渉しすぎず見守る包容力が決め手となることも多いようです。

家庭的である

家事が苦手な男性は多く、その分掃除が得意だったり、作ってくれたご飯が美味しかったりすると、その後の結婚生活がイメージしやすく決め手となることもあります。

子どもができた

付き合いが長かったり、同棲していたりすると、結婚のきっかけがなかなかつかめないこともあります。子どもができるとその責任を自覚し、結婚に踏み切る方も多くいます。

逆に結婚を諦めた決め手

逆に、結婚を諦めてしまったきっかけや、踏み切れなかった決め手についても知っておきたいですよね。以下で見ていきましょう。

お互いの家庭の事情

相手のご両親とまったく馬が合わなかった、婿養子でないと認めないといわれたなど、お互いの家との関係に問題があり、結婚を諦めたケースもあります。

性格

価値観がまったく合わずケンカばかりになる、相手がネガティブでこちらまで気がめいってくるなど、好きでも結婚には向かない性格の場合、結婚を諦めてしまうこともあるようです。

経済状況

金銭感覚が合わない、経済力が極端になく将来が不安という場合、共に生活していくことが難しいという判断になることも。浪費グセはもちろん、逆にケチすぎてお金を使わせてくれないなども結婚を諦めるきっかけになります。

異性関係

浮気を繰り返す、「嫌だ」といっても風俗通いをやめないなど、異性との交遊関係が派手な場合も結婚には踏み切りにくくなります。

相手だけでなく、自分のこともよく見つめて

結婚の決め手となるポイントは、男女差もありますが個人差も大きいものです。相手がどう思っているかももちろん大事ですが、自分にとって譲れない点は何か、どこを決め手にしたいのかということを、よく考えたうえで結婚を決めましょう。

SNS

公式SNSをフォローしよう