dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年10月29日更新

結婚相手の第一条件は「優しさ」!?男女の違いを比較

HOW TO (57) コラム (33)

結婚を考える時、誰しも相手に求める条件がいくつかあるのではないでしょうか。80年代には高学歴・高収入・高身長の「3高」が好条件といわれていました。現在は男女それぞれ、どのような条件が求められているのでしょうか。この記事では、男女別の結婚相手に求める条件・条件の変遷・結婚を成功させる条件等についてご紹介していきます。

結婚相手に求める条件第1位は「優しさ」

結婚相手に求める条件は、どういったものが多いのでしょうか。男女共通のものと男女別のもので見ていきますが、意外な結果が出ています。

男女共通の条件は「優しさ」「思いやり」「価値観」

最新の婚活事情調査によると、なんと男女ともに

  • 1位:優しさ
  • 2位:思いやり
  • 3位:価値観

と3位までがまったく同じ結果になりました。どれも内面にかかわる条件であることから、男女ともに相手の性格を重視する傾向が強いことがわかります。また、4~6位もほとんど男女差がなく、男性は4位「愛情」5位「誠実さ」6位「容姿」、女性は4位「誠実さ」5位「愛情」6位「容姿」と5位までが内面の条件で、6位にやっと外見の条件が出てくる結果となっています。

女性が求める条件は「趣味・趣向」「安定した仕事」「食事の好みが合うこと」

7位以降でやっと男女差が出てくるのですが、女性に人気の条件は8位「趣味・趣向」、10位「安定した仕事」でした。男性の「趣味・趣向」は10位、「安定した仕事」はランク外なので、女性の方がプライベートでの関わり方や安定した収入を相手に求めていることがわかります。また別の調査によると、「食事の好みが合うこと」が男性より多く、5位にランクインしています。毎日の炊事を担当することが多い女性ならではの回答といえそうです。

男性が求める条件は「包容力」「家事能力」「仕事への理解」

それに対し、男性の方に人気の条件は9位「包容力」でした。「男性が一家の大黒柱として働く」という風潮が根強い日本社会で、仕事を頑張る代わりに家庭では癒されたいという願望の表れなのかもしれません。また別の調査によると、「家事をこなす能力があること」が4位、「自分の仕事を理解してくれること」が5位にランクインしています。仕事を頑張ることで家庭を守りたい、という男性の思いが表れる結果となりました。

3高から3優まで!?これまでの好条件をおさらい

今でこそ内面重視の条件が上位に来ていますが、時代によりその順番は変化を遂げてきました。これまでの「女性が結婚相手に求める条件」は以下の通りです。

  • 3高…高学歴・高収入・高身長(1980年代)
  • 3平…平均的な収入・平均的な見た目・平穏な性格(2012年頃)
  • 3低…低姿勢・低依存・低リスク(2012年頃)
  • 3強…生活に強い・不景気に強い・身体が強い(2015年頃)
  • 3温…優しさがある・愛してくれる・安心感がある(2015年頃)
  • 3生…生存力・生活力・生産力(2016年頃)
  • 3優…家族に優しい人・私だけに優しい人・家計に優しい人(2018年現在)

たった40年間でも、これだけの変化がありました。バブルの頃は3高に象徴される「スペックの高さ」が求められていましたが、バブル崩壊後は3平・3低などの「人並みの家庭が築ければいい」という条件が目立ちました。その後は3強・3生のような「生きる強さ」と、3温・3優のような「優しさ」が交互に評価されているようです。それぞれの条件が世相を反映しているのも、興味深いところです。

結婚相手は「居心地の良さ」で選べ!「顔」「学歴」は失敗のもと

実際は、どのような条件が結婚に重要なのでしょうか。結婚に役立った条件と、逆に役立たなかった条件を見ていきましょう。

本当に重要だった条件は「居心地の良さ」「性格」

既婚女性に対して行った調査によると、結婚に重要だった条件は…

  • 1位:居心地のよさ(54.5%)
  • 2位:性格(43.1%)
  • 3位:愛情(42.4%)
  • 4位:金銭感覚(31.1%)
  • 5位:年収(27.2%)

でした。ずっと一緒にいるからこそ、居心地の良さや性格の一致はかなり重要な条件のようです。また長く居心地よくお互い過ごすためにも、愛情は重要だといえそうです。そして生活を共にするうえで避けて通れないのが「お金」の話です。金銭感覚が合うか・年収は十分かといったところが、日々の生活を左右するのではないでしょうか。

結局重要じゃなかった条件は「顔・見た目」「学歴」

逆に、役立たなかった条件はというと…

  • 1位:顔・見た目(43.9%)
  • 2位:学歴(30.8%)
  • 3位:身長(26.3%)
  • 4位:年齢(21.9%)
  • 5位:住む場所(19.0%)

でした。特に若い女性は「イケメンと結婚したい!」という方も多いかもしれませんが、長年見ている顔には愛情が湧くもの。また歳を重ねれば見た目は衰えていくので、結婚にはあまり必要のない条件かもしれませんね。学歴はこれまでの受験勉強の成果を表していますが、結婚後に重要になってくるのは勉強ではなく仕事ぶりです。学歴はあまり関係ないようです。他にも身長・年齢・住む場所など、内面ではなくステータス面が多くランクインしていました。

あなたにとっての「結婚」とは?重要な条件を見極めて

男女間・年代での価値観の違いはあるものの、おおむね「内面を重視する人が多い」という結果が複数の調査で出ています。とはいえ、2016年のテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で「契約結婚」が取り上げられたように、「結婚に何を求めるか」は人それぞれです。「愛」を求めるのか、「共同経営者」を求めるのか…自分が結婚に何を求めるのかをはっきりさせれば、重要な条件もきっと見えてくるはずです。

SNS

公式SNSをフォローしよう