dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚式場探し

2018年5月16日更新

ふたりの結婚式を成功に導く会場探しの5ステップ

段取り (30) 挙式・披露宴 (121)

いったいどんな基準でウェディング会場を選べばいいの……? そんなカップルも多いはず。素朴な疑問だけれど、実はこれから結婚式を迎えるふたりにとってはとても重要なこと。ここではエキスパートが指南する会場探しの基本ステップをご紹介します。

知っておきたいウェディング会場探しのコツ

この方にお伺いしました!

マリッジライフ・プランナー 安東徳子さん

ウェディングプロデュース、ホテルや結婚式場のコンサルティング、講演活動などでマルチに活躍。幅広い冠婚葬祭の知識から構築されたユニバーサルなマナー理論に定評がある

Step1:コンセプトメイキングをしよう!

安東徳子さん考案の“ポジショニングトライアングル”

「会場探しのファーストステップはコンセプトづくり」とは、エキスパートの安東徳子さん。具体的には、誰を招待し、どんな結婚式にしたいのかコンセプトを考えようということ。上の図は、招待客の分類から結婚式のコンセプトが見えてくる、安東さん考案の“ポジショニングトライアングル”。「例えば60~80名規模の一般的な披露宴にしたいと考えたとします。その中でもどのゲストに対する比重を大きく考えるか。つまり誰といちばん喜びを共有したいのかによって、お披露目型(=よろしく)、おもてなし型(=ありがとう)、参加型(=おめでとう)の3つのコンセプトに大別できるので、ぜひ参考にしてみてください。家族中心の少人数ウェディングの場合はおもてなし型、友人中心のパーティなら参加型の傾向が高いということになります」。

Step2:テーマとスタイルを決めよう!

コンセプトづくりをしていくと、おのずと招待客のタイプが見えてくるもの。そこで、次に考えたいのは招待したゲストに対して、ふたりの気持ちをどんな形で表現するかということ。「安心感を求めるならホテルや専門式場、サプライズ感を重視したいならドラマティックな空間のゲストハウス、とにかく美味しい料理を味わってほしい場合はレストラン……というふうに、具体的なテーマやスタイルのイメージを固めていきましょう。ゲストからもクオリティの高い1日だったと思ってもらえるような空間や演出を考えることが、ふたりの個性を発揮するいちばんのキーワードにつながるといえるでしょう」。

Step3:ジャンル別の特徴を知ろう!

結婚式の会場ジャンルは、実に多彩。その中でも代表的なのがホテル、専門式場、ゲストハウス、レストラン。「特徴を知った上で、アフターウェディングの付き合い方も会場探しの検討材料にしてみては?」と提案をしてくれた安東さん。毎年の記念日利用などで、一生のお付き合いができるのはホテルや専門式場、レストラン。「そういう意味でゲストハウスはほかのジャンルと少し違った存在です。でもゲストハウスは、非日常的な世界観こそ醍醐味。一生に一度きりの特別な場所だということに価値があるんです。またいつか行ってみたい思い出の夢の国、なんて考えるのも素敵ですよね」。

SNS

公式SNSをフォローしよう