dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年5月14日更新

先輩花嫁&エキスパートがプレ花嫁のお悩み解決!

HOW TO (60) Q&A (10) 取材・体験談 (14)

プレ花嫁たちから数多く寄せられた結婚準備中のお悩みの中から、マニュアル本ではあまり出てこない質問をセレクト! 先輩花嫁とウェディングのエキスパートがずばりお答えしていきます。

マニュアル本ではなかなか教えてくれない 結婚準備中の悩みあれこれ

プレ花嫁たちから数多く寄せられた結婚準備中のお悩みの中から、マニュアル本ではあまり出てこない質問をセレクト! 先輩花嫁とウェディングのエキスパートがずばりお答えしていきます。

悩みに答えてくれたエキスパートはこの方!

ひぐちまりさん

結婚ジャーナリスト。外資系銀行、建築企画会社を経てブライダル業界へ。その後、23年間ブライダル事業に携わり、ウェディングプロデュースの先駆者として1万組以上の婚礼を手がける。書籍監修は『ウエディングのマナーとコツ』(学習研究社)など計11冊

Q:入籍のタイミングをどうするか決めかねています

from 先輩花嫁

結婚式当日がおすすめだと思います。入籍日と結婚式が同じ日だと、結婚記念日が分かりやすくなり、忘れることもありません(みるく・32歳)

from エキスパート

新婚旅行に海外に行くならパスポートの名前をどちらにするか? を考慮して。ほかには引越しの手続きや入籍のタイミング、結婚式の思い出のひとつとして結婚式の当日に、などから考えてみてはいかがでしょうか?

Q:ゲストの失礼のないように予算を抑える工夫は?

from 先輩花嫁

会場の装花はベーシックでいいと思います。そのかわり、料理だけは誰にとっても食べやすく、喜んでもらえるようにと、試食をして納得がいくものにこだわりました(しょう・28歳)

from エキスパート

おふたりのテーマを決めると、ポイントが絞れ、あれもこれもとなるのを防ぎつつ、印象に残る披露宴にできます。割引プランを上手に利用、ペーパーアイテムを手作り、余興を全員参加型にして予算をかけず楽しんでもらうなども。

Q:お互いの出身の特色が出せるような演出のアイデアを教えて

from 先輩花嫁

ふたりの出身地の食材を使って、オリジナルの婚礼コース料理を作ってほしいというリクエストを叶えてくれる会場を選びましょう(みう・31歳)

from エキスパート

お料理に柔軟に対応してくれる会場なら、お互いの出身地の食材を使ったお料理をご用意してみては? また、出身地の人気のアイテムをプチギフトにしたり、クイズの賞品にするのはいかがでしょうか?

Q:会場選びの見学会はたくさん行ったほうがいいの? 日程や予算など、具体的なことを決めてからいくべき?

from 先輩花嫁

何も決めないまま、まずは近場の会場のフェアに参加。そこで模擬挙式や会場コーディネートを見て具体的なイメージを作ってから検討を開始。最終的には4カ所の見学に行って、いちばん印象の良かった会場にきめました(マロン・30歳)

from エキスパート

まったくイメージが湧かないなら、まずは興味のある会場のブライダルフェアに行ってみては? 会場見学で“ふたりの意見”が統一されていないと、何件見学しても決まりません。おふたりの結婚式の目的、時期、おおよその人数、予算は決めておきましょう。

Q:プランナーさんからの連絡が遅く、準備がはかどりません

from 先輩花嫁

プランナーさんとの相性があまりよくないと感じたので、私は早い段階でプランナーさんを変更してもらいました。話を切りだす時はけっこう勇気がいりましたが、そのあとはスムーズに準備が進められました(じゅんじゅん・29歳)

from エキスパート

連絡の欲しいことについては「なるべく早く」など、あいまいな約束ではなく、「いつまでにお願いできますか?」、または「○○までにお願いできますか?」と期日を設けると段取りがしやすくなりますよ。

Q:彼が結婚式のイメージをあまり持っていないせいか、なかなか意見を出してもらえません

from 先輩花嫁

私の夫も結婚準備にはあまり積極的ではありませんでした。なので、彼のお母さんを味方につけて、いろいろと相談に乗ってもらいました(かおりん・33歳)

from エキスパート

相手が返事しやすいよう、二択で聞いてみてはいかがですか? 例えば「どんなお花がいい?」ではなく「白とオレンジならどっち?」という風に。「私は○○がいいんだけど」と言って自分の好みに誘導しちゃう手もあります。

Q:やっぱりお色直しは必要?

from 先輩花嫁

私の場合、お色直しはせず、トレーンの取り外しができる2WAYタイプのウェディングドレスを選びました。あとはヘアスタイルや小物使いを工夫して、挙式のときと披露宴でだいぶイメージが変えられたと思います(まいまい・32歳)

from エキスパート

お色直しを楽しみにしているゲストの方もいるかもしれません。実際にお色直しで入場すると、会場が盛り上がります。お色直しも演出のひとつですから、しない場合は進行が間延びしないようにメリハリのつく工夫をされるといいですね。

Q:自分に似合うドレスの選び方が知りたい

from 先輩花嫁

試着には親友に付き添ってもらいました。自分の好みを理解してくれている友だちなら本当に似合うかどうか客観的な意見を言ってくれると思ったので。実は、当日まで彼にはドレス姿を見せたくなかったというのもありますが(しお・27歳)

from エキスパート

結婚式では、自分に似合うことに加えて、そのシーンの中で素敵に見えることも大切です。挙式や披露宴の会場の中で、メインとなるシーンで、どんな風に見せたいかをイメージして、そこからドレスを選んでみては?

Illustration/Naho Ogawa

SNS

公式SNSをフォローしよう