dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年5月16日更新

親御さんへの結婚挨拶【女性・準備編】

新婦 (26) マナー (26)

プロポーズを受けたら、両親への挨拶となりますね。順番としては、男性が女性宅で結婚の挨拶を終えた後に、女性が彼の家に挨拶に行く流れが一般的となっています。当日粗相のないようスマートに進めるには、あらかじめ準備しておくことが大切。大好きな彼の両親から好印象を得られるよう、ポイントの確認をしておきましょう。

成功のポイント

  1. 1

    挨拶の日時は早めに決定
  2. 2

    お互いの両親の情報を交換する
  3. 3

    事前に服装や身だしなみなどの準備を
  4. 4

    手土産は両親の嗜好を聞いて用意する
  5. 5

    当日へ向けイメージトレーニングをする

①挨拶の日時は早めに決定

挨拶は、まず最初に男性が女性宅へ訪問するのが基本となっています。そこで男性側の挨拶が済んだら、男性側の両親へ挨拶に行きましょう。忙しい両親も多いので、自分の都合を出さずにいつがいいか両親を優先し、男性から両親に聞いてもらい、日程の調整をしましょう。

②お互いの両親の情報を交換する

訪問したけれど、当日触れなかった方がいい話、タブーな話題などがあります。「ご両親はどんな趣味?」「好きなものは何?」など、情報交換するといいでしょう。さらに性格や嫌いなことまで細かく確認をして、万全の体制を整えること。変なことを話してしまい、悪い印象がついてしまったら取り返しがつきません。また、家庭を握るのは女性が多いのが実情。お父様もしかりですが、まずはお母様に気に入られるのが先決となります。女性が彼の家に伺うなら、「どんな料理がお得意か」「趣味は何か」など、お母様の情報を聞いておくことをおすすめします。

③事前に服装や身だしなみなどの準備を

当日の服装は印象を大きく左右するだけに、重要ポイントといえます。セミフォーマルを意識し準備をしましょう。ワンピースが一般的とされているものの、丈は膝が隠れるものに。というのも、あまり短い丈やタイトすぎすると、座った時に太ももが見えてしまいます。さらに胸元が極端に空いている形やノースリーブも避けた方が無難。袖があるタイプを選びましょう。靴はヒールがあってもいいですが、あまり高すぎない方がよいでしょう。メイクは薄めのナチュラルがベスト。鞄やアクセサリーも高価なブランドだと、「ブランド好き?」と、好印象を持たれない可能性も…。もしブランドものしかないのなら、購入するのも手。ヘアもカラーがプリンになってきたなくなっていたり、明るすぎるようなカラーはNG。両親に好印象になるよう、美容院に行き黒に近いカラーにしておくのがおすすめです。

④手土産は両親の嗜好を聞いて用意する

男性も女性も共通項で当然のことですが、手土産はキーポイント。当日の行きがてらに買うことになると、意外といいものがなかったりします。あらかじめ彼に両親の好きなものを聞いて準備するようにしましょう。和菓子や洋菓子などが一般的ではありますが、お母様がスイーツ好きだったりするケースもありますので、どんなスイーツが好きかやブランドなども確かめておきましょう。遠方でしか販売していないお菓子が好きならば、お取り寄せして入手すれば、お母様に「気が利く」と思われ、喜ばれるかもしれません。渡す時には「つまらないものですが」というのはNG。「好みだと伺いましたので」や「私も食べてみておいしかったので、お試しください」など、選んだポイントを伝えるとベター。賞味期限が短いものは避け、さらに和菓子は無地のしがいいでしょう。

⑤当日へ向けイメージトレーニングをする

たとえ両親に既にお会いしたことがあっても、当日はやはり緊張してしまいます。失敗してしまったら大変…。そこで事前にどんなことをいうか、イメージトレーニングしましょう。また、どんな両親でも彼を敬ってくれるやさしい女性と結婚してほしいと願うもの。時には彼を立てるのも女性の役目となります。ここの部分は自分で伝えるべきところ、ここは彼に伝えてもらおうなど、決めておくといいでしょう。一緒にシミュレーションして、練習することをおすすめします。

まとめ

これから自分の両親としても接していくことになるので、結婚の挨拶は緊張して当然。彼も両親に気に入られるかどうか、特に厳しい両親を持つ彼は終わるまでは正直不安でしょう。彼を安心させるためにも、誠意をもって挨拶するように頑張りましょう。

準備ができたら、いよいよ当日です。

SNS

公式SNSをフォローしよう