dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
挙式・披露宴

2018年5月14日更新

自作でプロフィールムービーを作る方法

DIY (25) 演出 (57) 挙式・披露宴 (187)

結婚式で、今や新郎新婦のプロフィールムービー・プロフィールビデオの上映は欠かせない演出となりました。あらかじめウェディングプランに含まれていて、制作会社に作成を依頼するケースが多いですが、最近では大切なゲストにふたりをより知ってもらうツールとしてオリジナリティを重視。便利なアプリが登場していることもあり、パソコンやスマホを使って自作のプロフィールムービーを披露するカップルも増えてきました。そこで、結婚式のプロフィールムービーを自作する方法やコツなどをご紹介します。

プロフィールムービーを作る目的・メリットとは?

結婚式で流すプロフィールムービーは、新郎新婦の生い立ちや出会いを紹介するものが多くみられます。これは出席しているゲストに、ふたりの人となりや共通の思い出を共有してもらうためといえます。新郎と会ったことのない新婦の友人・親戚ならば、これにより新郎を知ることもできます。さらに、高校や大学時代の友人であれば、その頃の新郎新婦の姿を見ることで、新郎新婦と一緒に過ごした楽しい時代に思いを巡らすことができます。また、普段あまり会えなかった親戚は、プロフィールムービーにより、新郎新婦の成長ぶりを再確認することができますので、かなり便利なツールといえるでしょう。何より映像はインパクトの強さが特徴。印象に残る結婚式にするためにも、プロフィールムービーを見たすべてのゲストが楽しく温かな気持ちになるようなムービーの作成を目指しましょう。

プロフィールムービーを自作する時の流れ・ポイント

①準備期間の確保

プロフィールムービーを自作する場合、まず気を付けなければいけないのが準備期間です。普段作りなれていないなら手間と時間がかかってしまうので、早い時期からの準備が必要となります。
現在、無料で作成できるアプリがあるのでコストは削減できますが、なかなか思うように作れない、という方も多いようです。さらにクオリティを高めたい場合は、少しコストがかかっても、ある程度自動で作ることができるアプリを使用するのも手。自分たちの準備の進捗などに合わせて判断しましょう。

②構成案の作成

基本的には次のような流れで作るケースが多いようですが、YouTubeにいろいろなプロフィールムービーがあがっているので、参考にしながら、ふたりのイメージに近いものをカスタマイズしてみるといいでしょう。さまざま見ることによりアイデアも膨らみ、理想的なプロフィールムービーが作成できるかもしれません。また、ムービーに使用したい音楽が決まっているなら、曲のサビに合わせて構成を考えてみるのもおすすめです。

構成例1

  1. 1

    オープニングタイトル
  2. 2

    新郎プロフィール
  3. 3

    新婦プロフィール
  4. 4

    出会いのエピソード
  5. 5

    ふたりの思い出の写真
  6. 6

    感謝や抱負のメッセージを含めたエンディング

披露宴では、新郎新婦とその列席者が、顔を合わせるのがはじめての場合も多いでしょう。
プロフィールムービーを通してしっかり自己紹介するのもベター。個々の紹介時間を長くしてみるのもおすすめです。

構成例2

  1. 1

    オープニングタイトル
  2. 2

    新郎&新婦プロフィール(時系列で交互に)
  3. 3

    出会いのエピソード
  4. 4

    ふたりが出会ってからの写真
  5. 5

    感謝や抱負のメッセージを含めたエンディング

お互いを時代順に交互にさかのぼっていくことで、テンポもよくなり、予想以上にドラマチックに仕上げることができます。

③作成するアプリの選択

近年、無料アプリの精度も上がりました。
自作の場合でも、あまりコストをかけることなく、ハイクオリティかつ素敵なプロフィールムービーが作れるようになりました。無料なので、一旦自分で触ってみて、使いやすいものを選んで作成することをおすすめします。

1_iMovie(Mac)

MacのPCをお持ちの方なら無料で利用できるアプリ。
無料とは思えないほどの高クオリティで作成できるため、プロでも使用するほど。
iPhoneで編集することもできるので、移動時間にも急いでつくりたい場合にもおすすめです。

2_ムービーメーカー(Windows)

WindowsのPCに無料で内蔵されているムービーメーカー。
初心者でも扱いやすいうえ、十分な機能が備わっているので
努力次第でプロ級の仕上がりが期待できます。
サンプルの動画や説明も出回っているので、作成しやすいのも魅力です。

3_VideoPad

非営利目的であれば、無料で体験版を使用できるアプリ。細かい設定や、少しでも画像処理や動画の編集経験がある人はかなり高クオリティに作りこむことが可能。注意すべき点は、無料のお試し版であること。期間といった制限があるので、短期間で集中して作成する場合におすすめです。

④オープニングムービーのBGMの選曲

ムービーを作成するうえで、最も重要と言っても過言ではないのがBGMです。全体の雰囲気にも関係してくるといえるでしょう。プロフィールムービーであれば親に感謝の気持ちを伝えられるような曲、自分たちを伝えられるポップなものなど、ふたりらしさが表現できる曲をセレクトすると良いでしょう。以下、オープニングムービーにおすすめのBGMをご紹介します。

Mr.Children / 「GIFT」


Nickelback / Photograph

ケツメイシ / 君とつくる未来

ナオト・インティライミ / ありったけの Love Song

福山雅治 / 家族になろうよ

星野源 / SUN

ケツメイシ /『出会いのかけら』

TEE /「5年後のアイラブユー」

クリス・ハート / 糸

逗子三兄弟 / 純白の花嫁

プロフィールムービーは、笑あり、涙あり、の結婚式を盛り上げてくれる演出です。 ふたりの生まれ育ちや馴れ初めを知っていただく大切なツールともいえるので、ふたりらしいプロフィールムービーに仕上げましょう。

SNS

公式SNSをフォローしよう