dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年5月14日更新

結婚式の平均招待人数・金額

HOW TO (60) 挙式・披露宴 (125)

結婚式の準備を進めるにあたって、招待人数が意外に多かったり、絞りすぎて少なすぎないか心配になったという体験談も少なくありません。招待客の人数というのは準備段階で大いに悩むポイントだと思います。今回は平均的な招待人数や費用をご紹介しますので、ご参考にしてみてください。

結婚式での招待人数ってどれくらいなの?

ウエコレのイベント来場者で実施したアンケート結果がありますが
招待客の人数で最も多かったのは「70名~80名」という回答でした。
近年は親族だけを招いた20人前後のリゾート婚や、少人数の結婚式も増加傾向にあります。
パートナーとよく話し合って、会社関係の人は呼ぶのか、友人はどこまで呼ぶのかを決めていきましょう。

招待客の平均人数は地域によっても差があります

例えば沖縄は招待客が200名以上になる披露宴も多い傾向にあります。
名古屋はとにかく豪勢さが重要視されたり、北海道は会費制だったりと、地域ごとで慣習や風習が大きく異なります。
新郎新婦の出身地が異なれば、両家それぞれの希望も織り交ぜて双方納得のいく形にまとめることをオススメします。

招待客の数は両家それぞれ異なるのが普通です

招待客の人数ですが、両家で人数のバランスが取れていたほうが良いと考えられるかと思います。
けれども結婚式で親戚一同や友人などを招待すると、どうしても人数が釣り合わないことも多々あります。
招待客の数というのは両家で異なるのが普通ですので、あまり気にしすぎないようにしましょう!
どうしても人数の差が大きいのであれば、座席の配置で十分に考慮し、披露宴のプログラムの割り当てなども考えて、招待客が楽しめるような工夫を取り入れましょう。

招待人数による費用の見積もり例

結婚式に掛かる費用は全額2人で用意するケースもあれば、ご祝儀からも充てたり、親や親族からの援助がある場合もあります。
人数別の見積もり例も事前にチェックしておきましょう。
そして自分たちが用意できる、無理のない金額範囲内での人数というのも考えましょう。

≪見積もり例≫

  • 30人・・・¥1,910,000
  • 40人・・・¥2,160,000
  • 50人・・・¥2,670,000
  • 60人・・・¥3,080,000
  • 70人・・・¥3,510,000
  • 80人・・・¥4,170,000

予算重視だという場合には、ご祝儀がどれくらい頂けるのかというのも見積もってみましょう。

例:
・親族 ¥100,000
・兄弟姉妹 ¥50,000
・友人や会社関係者 ¥30,000

招待客一人当たりにどれくらいの予算をかけるのかは、新郎新婦それぞれでこだわりがあると思いますが、自分たちがどれくらい負担できるのか、どれくらいの範囲の予算なら用意できるかを考えながら招待客の人数を決めていくと良いでしょう。

結婚式にかかる費用の項目

・料理代〜ゲストに振る舞うコース料理はもちろん、ウェディングケーキやウェルカムドリンク、お子様用ドリンクなど
・会場費〜挙式料や音響照明、司会者へのギャランティなども含まれます
・装花代〜メインテーブルやゲストの各テーブル、ウェディングケーキの花飾りやブーケなど
・衣装代〜新郎新婦の衣装、ドレスチェンジ、新婦のメイク代など
・印刷物代〜招待状、席札、席次表、メニューカードなど
・写真、映像代〜記念写真、スナップ写真、アルバム作成、ウェルカムムービー、エンディングムービーなど
・演出費〜キャンドルサービス、プロジェクションマッピング、バルーンリリースなど
・引出物代〜引出物、紙袋など

一生の思い出になる素敵な結婚式となるよう、何が必要となるのか納得いくまでしっかり話し合ってくださいね。

まとめ

様々な例があり、招待客の人数や結婚式に掛かる予算も人それぞれです。
体験談や例などを参考にしながらも、自分たちらしさを忘れず、素敵な式になるように準備を進めましょう。

SNS

公式SNSをフォローしよう