dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚式場探し

2018年4月13日更新

気になることを解決! 結婚式場選びのQ&A

Q&A (10) 挙式・披露宴 (121)

理想通りの結婚式場を見つけよう!

結婚式を考える上で最も重要になってくるのが、結婚式を挙げる場所。結婚式のコンセプトを決めて、希望の挙式スタイルやゲストの顔ぶれを考えながら結婚式場を探そう。

Q.結婚式場選びのポイントは?

A.大切なのは「5W1H」。なぜ(Why)結婚式を挙げて、いつ(When)、どこで(Where)行い、誰を(Who)呼び、何を(What)テーマに、どのように(How)進めるのかを明確にすることです。式場の規模や場所、ゲストの顔ぶれなどが定まるため、予算感も見え、ウェディング会場を絞り込むことができます。

Q.日取りの決め方は?

A.結婚式の日取りは、気候やお日柄だけでなく、準備が大詰めになる期間の仕事バランスも考えた上で決めるのがおすすめです。

■時期
準備が忙しくなる結婚式前3カ月間と仕事の繁忙期の重複、台風などの荒天や大型連休によるゲストへの影響を考慮して。
■時間帯
遠方ゲストが多い場合は、身支度や移動時間のことを考えて、朝早くまたは夜遅くに始まる結婚式は避ける配慮が必要。
■六輝
大安が好まれますが、最近はこだわらないカップルも増えています。親御さまや親族が気にする場合もあるので、念のために確認を。

Check! オフシーズンや仏滅もひとつの手

4~6月、10~11月は気候がよく人気のオンシーズンとなるため、予約が取りづらいことも。一方、真夏や真冬にあたる7~8月、12~2月のオフシーズンや仏滅の日は比較的空きも多く、料金が割安になることもあります。

お日柄の意味や選び方は「≪六輝って何?≫結婚関係に良い日取り」をチェック!

Q.ウェディング会場の見学でチェックすべき点は?

A.式場の雰囲気や規模だけでなく、立地やスタッフの対応、見積もりなど、さまざまな視点からチェックするようにしましょう。ブライダルフェアや会場下見はだいたい1日2件までが目安です。模擬挙式や試食会などが体験できるブライダルフェアへ参加するとイメージしやすいです。

「ブライダルフェア参加の心得とポイント」もチェック!

Q.結婚式の準備はいつから始める?

A.結婚式の準備は、8カ月~1年ぐらいが一般的です。最近では、半年ぐらいで準備をするカップルも増えています。マタニティウェディングなどお急ぎ婚希望の場合、2カ月前からでも結婚式は可能。通常よりも少しタイトになるので、体調に気遣いながら準備を進めましょう。

結婚式の段取りスケジュールはこちらをチェック!

マタニティウェディングの準備の進め方やチェックポイントはこちら

Q.招待ゲストを決めるポイントは?

A.親族、職場、友人に分けて、まずは思いつくままに下記出しを。次に「必ず招待したい人」「できれば招待したい人」という形で優先順位を分けながら収容人数に合わせて絞り込みます。ゲストのに9んズうは、両家ほぼ同数がベストであるものの、無理に合わせなくてもOK。

Q.パッケージプランって何?

A.結婚式に必要ないくつかのアイテムをまとめて金額設定したものをいいます。パッケージ化されたプランは、通常よりもお値打ちになっている場合が多いです。内容をしっかりと確認した上で自分たちの結婚式に必要なものがどれだけ含まれていて、何を追加すべきか判断しましょう。

Q.披露宴プログラムの決め方は?

A.成功のポイントは、メリハリの利いた構成にすることです。披露宴は2時間半~3時間半が一般的。あれもこれも詰め込み過ぎるのはもちろん、スピーチや余興などがなさすぎるのもNG。ウェディング会場が用意した基本プラグラムをベースに、ふたりらしい演出を取り入れた構成でゲストをもてなして。

Illustration/Chika Miyata

SNS

公式SNSをフォローしよう