dia arrowbtm2 calendar document arrowbtm close consultation dress event facebook fair gift hall humberger instagram magazine map minus paper photo plus production resort ribbon ring search tel twitter point mail people point2 price arrowbtm3 arrowtop arrowright2 arrowleft arrowright photo-search check dress-aline dress-empire dress-jpcolor dress-jpwhite dress-mermaid dress-princess dress-slender ring-set ring-wedding shindan star window line2 song
クリップリスト ()
結婚・結婚準備

2018年4月13日更新

ウェディングアイテム手作りレシピ 初級~中級編

DIY (18) HOW TO (60)

ペーパーアイテムとプチギフトのラッピングをオリジナルで!

[初級編]ペーパーアイテム

ペーパーアイテムにほんの少しだけスパイスを。ちょっとした工夫で、テーブルが華やかに大変身。素敵なおもてなしアイテムは、ゲストのお持ち帰りにも最適。

手作りアイテム① ふんわり羽根のゲストカード

ふんわりとした羽根を添えたゲストカード。そっと緑のリボンを飾って。

用意するもの

はさみ、穴あけパンチ、席札、リボン(グリーン、サテン、6mm幅、約20cm)、羽根、針金(細め)
※所要時間:5分(1セット)
※材料費:100円(1セット)

リボンとタグをきゅっと結ぶ

羽根にリボンを巻く。これを、穴あけパンチで穴を開けた席札に針金で付ける。

手作りアイテム② ミニブーケのゲストカード

ゲストにサプライズ! ミニブーケのゲストカード。ガーリースタイル満開です。

用意するもの

はさみ、小さい造花(3種類ほど)、ひも、リボン状の席札
※所要時間:15分(1セット)
※材料費:400円(1セット)

席札リボンをくるりと回して

小さな造花4~5本をひもで結んで束ねる。さらに細長くつくった席札リボンを上から巻きつける。

[中級編]ギフトアイテム

パーティの最後にゲストにお渡しするプチギフト。これを簡単な手作りアイテムにするのもひとつのアイデア。きっとおもてなしの心がよりいっそうゲストに伝わるはず!

手作りアイテム③ アロマキャンドルを可愛い箱に詰め込んで

いい香りのするキャンドルを真っ赤な箱に詰め込んでゲストをお見送り。

用意するもの

はさみ、ボンド、布(5種類以上)、リボン(ゴールド、10mm幅、約1cm)、糸(赤、太め、約30cm)、箱(赤)、アロマキャンドルなどのプチギフト
※所要時間:10分(1セット)
※材料費:100円(箱のみ)
※プチギフト代1セットの料金は含まれていません)

1:バランスを見て色を合わせて可愛らしく

約3cm角の三角形に布をカットしてフラッグを作る

2:パーティっぽくカーブを作る

箱の側面にフラッグをボンドで貼っていく。この時、ボンドを出し過ぎないように気を付けて

3:心を込めてリボンをキュッ

箱の中にキャンドルなどのプチギフトを入れて、リボンを結んで完成

手作りアイテム④ ひまわりの種ギフト

オーガンジーの袋に入ったひまわりの種のギフトを用意。ナチュラルウェディングらしいおもてなしです。

用意するもの

はさみ、オーガンジーでできた巾着(約8cm×11cm)、ひまわりの種(1袋につき15~20粒)、リボン(5種類以上)
※所要時間:2分(1セット)
※材料費:50円(1セット)

1:いろんな色の巾着を用意

色とりどりの巾着を用意する。素材はオーガンジーなどの透ける素材が良い

2:ヒマワリの種をそっと巾着に

巾着にひまわりの種を入れる

3:カラフルなリボンでしばって完成

口を締めて、ほどよい長さにはさみでカットしたリボンを蝶々結びにする

監修:ウェディングデザイナー 瀬戸 冬実
出版社勤務時代、ウェディング雑誌のデザインを担当したことがきっかけとなり、ウェディング制作の依頼が増え、アイテムを自作するようになる。今回紹介した作品はデザインからスタイリングまですべてを手がけた『手作りで楽しいウエディングアイディア』(アストラ/電子書籍サイト)に掲載

Text/Fuyumi Seto、Photographer/Hidenori Yatsu、Illustration/Natsuki Sato

関連記事

SNS

公式SNSをフォローしよう